八戸市の歯科医院 あおもりデンタルケア あおデンBlog

院内での出来事や、歯科治療に関する事などを
随時更新していきます。

HOME
2019年09月02日

子供の歯並びは、食事で変化する(#^皿^#)

  • あおデンブログ
「なぜよくかむことが大切か」

ものをかむことは、子供の成長にとって、とても重要な事です。
現代では、やわらかい食べ物が増え、かむことが少なくなってきていると言われています。
物をかむ回数が少ないとあごの骨の発育が悪くなったり、唾液の量が減り虫歯になりやすい、
口臭のリスクが高くなります。

では、どうして「あごの骨の発育」が悪いとだめなのでしょうか?

それは、、、、、
あごが小さいとそのスペースに並ぶ歯は、ガタガタ、ボコボコになります。
こうした問題は、遺伝などの影響もありますが、それ以上に普段の食事のかむ回数で大きく
変わってきます。


 
あごの骨の発育に必要なこと
.よく、噛んで食べる。唇を閉じて右10回、左10回。左右バランスよく噛みます。
.頸椎を真っ直ぐに伸ばし、正しい姿勢で食べる。
  (子供ですと、イスに座った状態で足をブラブラさせるため、踏み台を置くと良い)
.子供が食べやすいように食事を作ることも大事ですが、口や顔の筋肉を育てられるように
  いつもより大きめに切る。

歯並びは、悪くなってから歯医者さんが治すだけでなく、悪くならないためにどうするかと
いうことも治療の1つです。

良く噛むための料理の「レシピ本」を待合室に置いています。
どうぞ、お気軽にお読みください!
 
最近の記事

あおデンブログ
04月01日
健康の後悔トップ20

あおデンブログ
03月01日
歯周病と認知症の関係

あおデンブログ
02月01日
チョコレートで若返り!?食べるタイミングもポイント!

あおデンブログ
01月04日
あけましておめでとうございます!

あおデンブログ
11月02日
「魔法のクリーム」でむし歯ストップ‼その正体は・・・?

あおデンブログ
10月02日
あおもりデンタルケアとお友達になろうよ♪♪

あおデンブログ
09月02日
歯が溶ける食べ物!? コレだった・・・!

あおデンブログ
08月01日
お口の「ゆるみ」とは、ナニ?

あおデンブログ
07月01日
寝たきりにならないためにお口の管理を!

テーマ
アーカイブ

ページの先頭へ